うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニックの「へバーデン結節」のコラム|アルピコバス停「湯谷南」目の前 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 骨折 関節痛 上松 三輪 檀田


うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニック

月・火・水・金は8:30~12:30、14:30~18:00、木は8:30~12:30、14:30~16:00で骨粗鬆症の検査のみ|土曜は8:30~12:30|毎週水曜の午後は骨粗鬆症の診療のみ(予約制)|土曜午後、日・祝は休診

電話番号026-217-1154

アルピコバス停「湯谷南」目の前にございます

クリニック専用駐車場が20台分ございます

へバーデン結節

へバーデン結節とは、指の第一関節に起こる変形性関節症で、関節が腫れ痛むものです。
指が変形するのでリウマチを心配される患者様が多いですが、へバーデン結節は変形性関節症です。

症状

人差し指から小指まで、第一関節が赤く腫れて痛み、曲がったままになってしまいます。

そのため動きも悪くなり、手を強く握ったりできなくなるため、日常生活でもお箸を持つなどの基本動作に支障をきたしてしまいます。

またミューカシストという水ぶくれのようなものができることもあります。

原因

へバーデン結節の原因は分かっていません。

加齢による、または指先の使い過ぎによる関節の変形と考えられていますが、はっきりとした理由は不明です。

40歳以上の女性に多いことなどから更年期、女性ホルモンとの関係も原因と考えられています。

診断方法

まずは関節の腫れを確認いたします。それからレントゲンをとり、骨の変形や隆起を確認します。

へバーデン結節の腫れは、関節の炎症によって骨に変形が生じ、骨同士がこすれあって骨棘(こつきょく)というでっぱりができることによるので、レントゲンにてそれを確認します。

リウマチや痛風など他の病気を疑う場合もありますので、しっかりと見極めるためにも専門の整形外科を受診するようにしましょう。

治療法

へバーデン結節に対しても基本的には保存療法と手術による治療があります。

保存療法

テーピングなどを使用して曲がってしまった指先を真っすぐに固定し安静にします。

また痛みの軽減のために消炎鎮痛薬や関節内のステロイド注射などを合わせて治療します。

手術療法

保存療法でも痛みが改善されないという場合には、手術をするという選択肢があります。

患部に局所麻酔をし、小さく切開してコブを切除します。また関節を曲がらないように固定するという場合もあります。

予防

直接的な原因が分かっていませんが、指先を使いすぎることは何らかの影響を与えていると考えられます。

指先を使い過ぎないようにし、痛みがあるときには無理せず安静にしましょう。

仕事などでどうしても使う場合にも、テーピングなどで過度な負担がかからないような工夫をしましょう。

手・指のコラム一覧

このページの先頭へ戻る