うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニックの「変形性脊椎症」のコラム|アルピコバス停「湯谷南」目の前のうえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 骨折 関節痛 リハビリテーション


うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニック

月・火・水・金は8:30~12:30、14:30~18:00、木は8:30~12:30、14:30~16:00で骨粗鬆症の検査のみ|土曜は8:30~12:30|毎週水曜の午後は骨粗鬆症の診療のみ(予約制)|土曜午後、日・祝は休診

電話番号026-217-1154

アルピコバス停「湯谷南」目の前にございます

クリニック専用駐車場が20台分ございます

変形性脊椎症

変形性脊椎症は加齢により生じるもので、脊椎が変形し神経を圧迫するものです。

症状

軽症ですと無症状のことも多いです。変形が進んでいきますと、慢性的な痛みがでたり、可動域の制限が生じてきます。

歩き始め、長く歩く、体を動かし続けるなどで痛みを生じます。

原因

加齢による脊椎の変形が主な原因となります。この変形によって椎体に骨の突起(骨棘)ができてしまい、神経や赤津威を圧迫することで痛みを生じます。

治療

無症状であれば、治療は必要ありません。痛みがある場合は、安静にし、コルセットなどで腰部を支えます。カイロや入浴で温めることも効果的です。

もしもこうした治療を行っても、症状が改善されず悪くなってしまうという場合には、手術が必要となることもあります。

基本的には加齢により起きるものなので、治療よりも予防に注意を払っていきましょう。

普段から腰に負担をかけないよう、荷重負荷を減らし、太りすぎにも注意です。また、タバコは椎間板の変性を促進しますので良くありません。

日常生活・食生活に気をつけて、適度な運動をしましょう。

手・指

  • 足関節捻挫
  • アキレス腱断裂
  • 肉ばなれ

その他

このページの先頭へ戻る