うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニックの「石灰沈着性腱板炎」のコラム|アルピコバス停「湯谷南」目の前 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 骨折 関節痛 リハビリテーション


うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニック

月・火・水・金は8:30~12:30、14:30~18:00、木は8:30~12:30、14:30~16:00で骨粗鬆症の検査のみ|土曜は8:30~12:30|毎週水曜の午後は骨粗鬆症の診療のみ(予約制)|土曜午後、日・祝は休診

電話番号026-217-1154

アルピコバス停「湯谷南」目の前にございます

クリニック専用駐車場が20台分ございます

石灰沈着性腱板炎

石灰沈着性腱板炎は肩腱板内にリン酸カルシウム結晶が沈着し、急激な痛みがでるものです。痛みだけでなく可動制限も生じるもので、中高年の女性に多く見られる疾患です。

症状

突然、肩関節に強い痛みを感じることがほとんどです。
痛みは安静にしていても強く、そのために肩関節を動かすことができません。
夜間に急に発症することが多いのも特徴です。
そして痛みのために睡眠障害も生じてしまいます。

原因

リン酸カルシウム、石灰が沈着してしまう事が痛みの原因ではありますが、そもそもなぜ石灰が沈着するのか、原因は特定されていません。
水分不足による、脱水状態では発症しやすい傾向が見られます。

治療

石灰沈着性腱板炎は通常、治療をせずとも、石灰の結晶が消えていくと自然に治っていきます。
しかし、中には石灰の結晶が消えていなくても、痛みが緩和されていき、石灰が残るという場合もあります。

治療としては、激しい痛みを早く軽減するために、消炎鎮痛剤や局所麻酔注射などを行います。
また、鍵盤に針を刺して、沈着した石灰を吸引して取り除く方法もあります。
強烈な痛みがある場合は、無理をせずに、整形外科で受診しましょう。

また、石灰が固まって石膏状になった場合には、注射での吸引が難しいため、手術で摘出することもあります。

痛みがとれてからは、患部を温めてほぐしたり、リハビリテーションなどでしばらく動かせなかった肩を運動させ、肩の機能を回復しましょう。

うで・肩のコラム一覧

このページの先頭へ戻る