うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニックの「脊柱管狭窄症」のコラム|アルピコバス停「湯谷南」目の前 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 骨折 関節痛 上松 三輪 檀田


うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニック

月・火・水・金は8:30~12:30、14:30~18:00、木は8:30~12:30、14:30~16:00で骨粗鬆症の検査のみ|土曜は8:30~12:30|毎週水曜の午後は骨粗鬆症の診療のみ(予約制)|土曜午後、日・祝は休診

電話番号026-217-1154

アルピコバス停「湯谷南」目の前にございます

クリニック専用駐車場が20台分ございます

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、腰椎や仙骨の背中側にある、神経の入った脊柱管が狭くなることで、中の神経が圧迫され痛みを引き起こす病気です。

症状

脚の痛みやしびれがあり、腰にも痛みと違和感がでてきます。多くの場合は歩行時に痛みが増し、しばらく休むと引いていく、「間欠跛行(かんけつはこう)」という症状が特徴です。

また、進行すると、排尿障害や便秘などの症状が現れることがあります。

原因

脊柱管が狭くなり神経を圧迫することが原因ですが、その変形にも様々な理由が考えられます。

加齢により椎間板の弾力性が弱くなり、変形がおきたり、長時間の運転や、荷重負荷で腰に負担をかけることも脊柱管の変形をまねきます。

治療

安静にし、楽な姿勢を保ちます。コルセットなどで腰を支えることも役立ちます。

神経を包む硬膜の外側に「局所麻酔薬」や「ステロイド薬」を注射する硬膜外ブロックや神経根に直接注射する神経根ブロックを行う事もあります。

これらの治療をしてなお痛みがひどく、歩行が困難な場合には、手術が必要になります。

胸・背中・腰のコラム一覧

このページの先頭へ戻る