骨粗しょう症の診断と治療

骨粗しょう症治療にも力を入れております。

骨粗鬆症こつそしょうしょうとは

骨の強度が低下して、骨折するリスクが大きくなる病気を骨粗しょう症(こつそしょうしょう)といいます。 寝たきりの原因の1つとなる病気です。閉経後の女性は骨量の減少が起こります。お年寄りは骨粗しょう症による背骨のつぶれにより、背中の曲がった猫背体型になってしまいます。
また、ステロイドを長期内服している場合は、男女問わず骨粗しょう症になっていることがあります。 寝たきりの原因となるだけでなく女性としては美容的な側⾯からも骨粗しょう症の予防と治療は大切です。

自己チェックリスト

下記内容に当てはまるか
どうかを確認てみましょう。

  • 人から身長が縮んだと言われる
  • 背中が丸くなった。猫背がひどくなった
  • 些細なことで骨折したことがある
  • 家族に骨粗しょう症になった人がいる
  • 運動をまったくしないし、歩かない
  • 閉経を迎えた(女性)/70歳以上(男性)の方で、他の項目が1つでも該当する
  • 1日にお酒を三合以上飲む
    ビールでは中瓶3本以上、ワインはグラス5杯以上
  • どちらかと言えばやせ型である
  • たばこをよく吸っている
複数該当するようであれば可能性があります。ぜひ、ご相談ください。

骨密度測定は検査機と採血によって検査いたします。

当クリニックでは骨粗鬆症を判断する際、より正確に骨塩量の測定ができるよう、採血と腰椎及び大腿骨頚部で測定が可能な“精密度骨密度測定機”を使って、検査します。血液中の成分と検査機の数値から、骨の状態を正しく確認し患者さんにわかりやすく説明いたします。

検査は当クリニックを受診されたことがない人も可能です。お電話にてご予約も可能ですのでお気軽にご利用ください。
(直前ですとご予約で埋まっておりますため、余裕を持った日にちでのご連絡・ご予約をお願いしています)

骨粗鬆症検査・治療の
設備について

当クリニックでは、なるべく身体に負担のないように、最新の設備を導入し、適切な検査と治療をおこなっています。

精密度骨密度測定機

世界で最も信頼性が高く放射線被ばく線量も胸部レントゲンの1/10以下です

X線撮影装置

微量のX線を当てて骨量を測定します。骨折しやすい背骨や太もものつけ根の骨量を正確に測定することができます。

その他の診療内容

一般診療リハビリテーション