うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニックのリハビリテーションのご案内|アルピコバス停「湯谷南」目の前のうえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニック 肩こり 腰痛 しびれ ひっかかり 骨折 関節痛 リハビリテーション


うえまつ整形外科・リハビリテーション科クリニック

月・火・水・金は8:30~12:30、14:30~18:00、木は8:30~12:30、14:30~16:00で骨粗鬆症の検査のみ|土曜は8:30~12:30|毎週水曜の午後は骨粗鬆症の診療のみ(予約制)|土曜午後、日・祝は休診

電話番号026-217-1154

アルピコバス停「湯谷南」目の前にございます

クリニック専用駐車場が20台分ございます

リハビリテーション

低下した運動機能の改善を目指して患者さん一人ひとりに合わせた
リハビリメニューを提案しています

患者さんの在宅・社会復帰に向けて、専門職の立場から患者さんとの信頼関係を第一に考え、一人ひとりの状態に合わせた適切な治療(理学療法)を行います。

理学療法士による運動器
リハビリテーションを行います

みなさんは普段の生活の中で、「寝返る」「起き上がる」「座る」「立ち上がる」「歩く」などの動作を行います。

これらの基本動作は、退院後の日常生活に大きく影響するため、通院期間中はリハビリスタッフと一緒に多くの練習を行います。

また、身体を動かすことで、身体機能だけではなく認知機能の改善を図ります。

リラクゼーション効果

ウォーターベッドは血行促進だけでなく、リラクゼーション効果も抜群です。

患者さんの身体を
正確に理解すること

リハビリやロコモ対策を希望される患者さんにも、初診時は一般診療を受けていただきます。

まずは当クリニックとして、1から患者さんの身体を正確に分析することが、患者さんの悩みをしっかり理解することにつながると考えているためです。

リハビリの設備について

症状に合わせて、スタッフが適切な治療を行います。

もっと設備を見る

ロコモ対策

ロコモティブシンドローム(運動器症候群、通称ロコモ)とは、骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で、歩行や立ち座りなどの日常生活に障害を来たしている状態をいいます。

当クリニックは、ロコモ対策として定期検査、運動器機能の改善・予防のためのサポートを、一人ひとりの状態に合わせて丁寧に説明しフォローしてゆきます。

スポーツ障がい者へのサポート

スポーツ障がい者に対して、運動(ストレッチやテーピング)指導を通して、回復・改善をサポートしています。

リハビリ教室の実施

患者さんやその家族にむけて、適度に効果的な体を動かすリハビリ練習などの勉強会を開いています。

自宅などで練習に励む方には体の状態を理解しながら、適切なリハビリが行えると好評です。

地域指導

地域の皆さんの健康にお役立てできるように、地域医療との連携を取りながら、出張によるリハビリ教室も行っております。

その他の診療内容

胸・背中・腰

手・指

ひざ

  • 足関節捻挫
  • アキレス腱断裂
  • 肉ばなれ

その他

このページの先頭へ戻る